私は高校生の頃から、頭皮の脂漏性皮膚炎が酷くフケと痒みが酷く、周りの人からは「たまには頭を洗えよ」と言われる始末でした。その頃は色々なシャンプーで洗っても良くなるどころか、悪化することもありました。病院には恥ずかしくて中々行きませんでしたが、親の勧めもあり皮膚科に診て貰いました。

皮膚科では、脂漏性皮膚炎の薬を処方されましたが、期待するほど効果はなく、数回通院しただけで、また自己流の脂漏性皮膚炎対策をしていました。WEBサイトで情報を集め、脂漏性皮膚炎の原因と正しい治療法を探しながら徐々に効果を上げてきました。

まず行ったのは、脂漏性皮膚炎の原因である細菌の除去です。頭皮に繁殖したマラセチア菌を殺菌できる薬品を、薬局の薬剤師に紹介して貰いました。ムヒHDという脂漏性皮膚炎の治療薬で、シャンプーで治らない頭皮の痒みや湿疹に効くとのことでした。風呂で頭皮をお湯で良く洗った後に、タオルで良く拭いて、この薬を塗りました。1週間程続けると、脂漏性皮膚炎の痒みが収まり始めてきました。

その後、サリチル酸入りのスカルプシャンプーを使用し、徐々にフケも減って来ました。現在はこのシャンプーと生活習慣の見直しなどで脂漏性皮膚炎の発症を抑えています。生活習慣の見直しとは、皮脂の成分は中性脂肪なので、これを減らす為に、糖質を控えることと毎日運動することです。健康を維持する為にビタミンやミネラルのサプリメントも摂るようにしました。