わたしが脂漏性皮膚炎になったのは、大学三年生の時です。ある日、頭を掻いたら大きなフケが剥けるようになってました。ちょうどシャンプーを変えた時期だったので、シャンプーが合わないのかなと思い、あまり気にしていませんでした。それよりも大きなフケがたくさん剥けるのが楽しくて楽しくて仕方なかったので、ダメだとわかりつつ頭を引っ掻いていました。

そんな私が真剣に悩み始めたのは彼氏ができてからです。彼氏ができて頭を触られたときに、今、フケ出てるんじゃないかとか、見られてるんじゃないだろうかという不安があり、付き合い始めの時は、あまり頭を触られないようにしていました。さすがに治そうと思い、頭をかくのを我慢するようにしました。でも、もう癖になってしまっていて、何も考えずに頭を掻いてしまうことも多々ありました。彼氏に事情を話して、無意識に掻いているときは、止めてもらうようにしていました。

頭の洗い方もシャンプー前後のすすぎをしっかりとするという目標をたて、一年くらいその生活を続けました。現在は、頭の左後ろにオデキができているだけで、フケはかなり改善されています。脂漏性皮膚炎の改善には、傷つけないことと、頭皮を清潔に保つことが大切だということを学びました。