私は脂漏性皮膚炎が顔に出てしまいました。その当時、私は鬱病で、夜は眠れない日があったり、家に一日中こもるような日も頻繁にあったので、そんな不規則な生活とストレスのせいで脂漏性皮膚炎になってしまったんだろうと思います。気になって掻いてしまうのに、病院に行くのは億劫で、かなり脂漏性皮膚炎が悪化してから、やっと皮膚科に行きました。

その頃にはマスクをしないと外に出られないくらい顔中に脂漏性皮膚炎が出ていました。脂漏性皮膚炎が顔に出てしまったので、化粧水は痛むし、お化粧も悪そうなのでしないでおきました。病院に行くと医師からも、脂漏性皮膚炎なのでやはり化粧はやらない方がよいと言われました。

そして、医師の言う通りとにかく肌に負担をかけないようにして、軟膏だけを塗っていたら、あっという間に脂漏性皮膚炎の赤みも痒みも改善されました。我慢せず、面倒がらずに早く病院に行ったら良かったと少し後悔しましたが、脂漏性皮膚炎で顔に跡も残らず収まってくれたので良かったです。

そのあとは、なるべく生活が不規則にならないように気をつけたり、食事もきちんと健康的なものをとるように心がけて、脂漏性皮膚炎の症状がぶり返して出てこないように気をつけています。でも、やはりホルモンバランスなどの関係で調子の優れないときは、脂漏性皮膚炎の症状が少し出てくるときがあります。