長男が赤ちゃんの時に、頭皮にひどい脂漏性皮膚炎ができて悩みました。見た目は、黄色いかさぶたのようなものが頭皮を覆い、日々悪化していきましたし、子供自身は、恐らくかなり痒かったのでしょう。ムシャムシャと掻きむしってしまい、どうしてよいか分からず途方に暮れました。






脂漏性皮膚炎とはその名の通り、体の内部からの脂漏性の分泌物が大量に出てきて、それが毛穴に詰まって炎症を起こしている状態です。その脂分が固まって、まるで魚のうろこのように、皮膚の表面を覆っていきます。これが剥がれそうで剥がれず、汚らしいのです。お風呂で、石けんを使ってこすってもなかなか落ちません。

そこで、いきなりこするのではなく、脂には油で対処します。手元に化粧品のオイルがあればそれを、もし何もなければ、食用のオリーブオイルでもよいので用意します。我が家では赤ん坊が脂漏性皮膚炎だったので、ベビーオイルを使いました。適量を指先に取り、やさしく魚のうろこのように固まった皮脂成分に塗り込んでいきます。すると、徐々に柔らかくなっていくでしょう。もし柔らかくならなければ、オイルが足りないので、量を増やして塗り込んでみてください。ふやけてきたら、それを石けんで洗い流します。

一度にすべてを落とすのは、大変かもしれません。毎日これを続けると、見事にきれいな肌に戻ります。何の薬もいりません。脂漏性皮膚炎は、オイルで皮脂をふやかしてきれいに洗い流し、清潔に保つだけで改善します。是非試してみてください。