この1~2カ月ほど頭皮の痒みが気になってきました。そして頭皮を掻くと、フケのようなものがポロポロ落ちてくるようになったのです。症状が一向に良くならないので、皮膚科を受診して先生に診てもらうと考えました。

皮膚科の先生からは脂漏性皮膚炎という説明を受けました。脂漏性皮膚炎というのは、皮脂の過剰分泌によって引き起こされる皮膚の病気なのです。だから,フケのようなものがポロポロ落ちてきたのだと納得できたのです。しかし、脂漏性皮膚炎の患部はまだそれほど広がっていなかったので、軽度の脂漏性皮膚炎とのことでした。ただし、先生からは、脂漏性皮膚炎が進行するとかさぶたや悪臭などが現れてくるので要注意ですよと指導されました。

先生からは2種類の脂漏性皮膚炎の薬を処方してもらい、薬局に取りに行きました。1つはステロイドの外用液、もう1つは抗真菌作用の外用薬です。ステロイドはなんとなく分かるのですが、何故、脂漏性皮膚炎に抗真菌作用の薬が出たのか分かりません。そこで薬剤師に聞いてみることにしたのです。すると、皮脂が溜まってしまうと、それをエサにするカビ(真菌)が増えてくるので、それを抑えるために出されているとのことでした。使う薬について納得できたので、しっかり使う気になれました。

ステロイド剤と抗真菌剤を使用してから、幾分、脂漏性皮膚炎の痒みは落ち着いてきた気がします。しかし、脂漏性皮膚炎の薬だけではなく患部を優しく洗って清潔にしたり、脂っこい食事を控えたりと生活習慣にも気をつけていきたいです。