気付いたら、頭皮のフケがとても気になるようになっていました。ショートヘアで、毎日ヘアワックスを使用しているので、髪の毛を洗う際に洗い残しがあるのかと思い、毎日かなり念入りに洗うように心がけたのです。それでも症状はよくならず、シャンプーブラシなども購入し、頭皮もしっかりとブラッシングして洗うように心がけました。それなのに症状はますますひどくなり、半年ほど経過してからようやくおかしいと思い始めたのです。

それでも、シャンプーを低刺激性のものに変えたり、自分で何とかしようと努力していました。結局1年が経過したころ、皮膚科に行くことにしたのです。皮膚科での診断は、脂漏性皮膚炎という事でした。脂漏性という言葉を聞いて、やっぱりきちんと洗えていなかったのかなと初めは思いました。しかし、先生の話を聞いて、私の対処法が間違っていたことに気づいたのです。

脂漏性皮膚炎は、肌を清潔に保つことは大切ですが、洗い過ぎによって悪化することも少なくないそうです。私の場合も、洗い過ぎが原因で悪化の一途を辿っているという事でした。治療は、抗菌剤とビタミンを処方してもらいました。ビタミン不足でも脂漏性皮膚炎になるそうです。仕事が忙しく、食事のバランスが悪いことも原因の一つではないかと説明を受けました。

処方してもらってすぐに改善に向かったわけではありません。フケが気にならなくなってきたと実感できたのは3か月を過ぎてからです。この脂漏性皮膚炎は、再発することも多く、気長に治療することが大切だそうです。今は症状は落ち着いていますから、処方薬はなくて、寝具を清潔に保ったり、シャンプーをやさしく洗うといったことに気を付けています。少しでも脂漏性皮膚炎の症状が出るようなら、早めに皮膚科を受診するように言われています。