私が働いている会社は作業現場が極端に暑いので、冬でも大量に汗をかいてしまいます。そのため、慢性的にあせもやかぶれが生じてしまうのが悩みでしたが、極端に汗をかいてしまう日が続いた際に脂漏性皮膚炎を患ったことがありました。

最初のうちはあせもと誤解していたために対処が遅れ、異常に気付いた時には湿疹や肌を赤らめるほどの炎症が体中に広がったことでようやく脂漏性皮膚炎を患ったことを自覚するに至りました。脂漏性皮膚炎の発症は初めてだったので対処の方法が分からず、当初はただ困惑したのを覚えています。

病院で処方された脂漏性皮膚炎の薬を使って脂漏性皮膚炎の症状を緩和させる必要性は理解していましたが、従事している仕事の性質上、常に大量の汗をかいてしまうことから、脂漏性皮膚炎の傷口に塗った薬が流れてしまう問題を解消するのに悩みました。

また、脂漏性皮膚炎の傷口に汗が沁み込むことで強い痛みに見舞われるのも困った点の一つです。そのため、脂漏性皮膚炎の薬の効果を損なわないように患部を包帯で覆う他、発汗しないように制汗剤を使うなどの工夫を凝らしました。汗をかいてもすぐに拭き取って清潔な状態を保つことに努め、脂漏性皮膚炎の症状が広がらないことにも気を配ったことから、数か月を経過した頃には脂漏性皮膚炎の炎症やかゆみなどの症状は殆ど出なくなったのを覚えています。現在では、汗をかいてもすぐに拭き取って清潔に保つことを心がけ、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルの予防に努めています。