凍えるような冬が終わって、ようやく暖かくなってきたなと感じていた時期に、突然顔全体が赤くなり、ところどころ痒みが発生するようになりました。皮も剥けていたので、当時は単なる乾燥だろうなと甘く考えていました。

しかし、汗ばむ季節になっても、顔の皮が剥ける症状が一向に改善せず、さらにはブツブツができ始めました。鏡を見るのが嫌になるくらい、顔全体が赤くなってしまったのです。夏がやってくるというのに、外出時はマスクが手放せなくなっていました。

もうこれは乾燥ではないと判断し、皮膚科を受診しました。その結果、脂漏性皮膚炎と診断され、ステロイドによる治療が開始されました。現在は脂漏性皮膚炎の症状もある程度は改善し、マスクをしなくても外に出られるようになりました。

当初は脂漏性皮膚炎だとは思わず、乾燥による症状だと勘違いして半ば放置していた格好でしたが、もっと早くから皮膚科に行っておけばここまで脂漏性皮膚炎で悩むこともなかったのかなと後悔しています。

私は季節の変わり目になると体調不良に陥ることが多く、そのタイミングで仕事や家庭での問題でストレスを抱えてしまったため、脂漏性皮膚炎を発症してしまったのだと思います。今はなるべくストレスを溜め込まず、肌の変化に気を配りながら過ごすように意識し、脂漏性皮膚炎を予防しています。