私は従事している仕事の都合上、常に帽子を被って作業を行っています。そのため、頭が蒸れてしまい、気温が高い日は汗が滴ることもありました。また、汗で汚れた頭皮が痒くなってフケが出ることもありましが、当時は誰でもそうなると考えてそのまま放置したのをおぼえています。

しかし、実際はまともにケアをしていなかったのは自分だけで、その結果、気温が高い日が続いた頃に脂漏性皮膚炎を患ってしまいました。あせも以上の強い痒みと大量のフケが生じたことから何らかの異常は感じましたが、気のせいと軽く考えて何も対処しなかったのは大きな失敗です。そのため、就寝も出来ない程の強いかゆみに襲われたのをきっかけにようやく皮膚病を疑い、専門病院で検査を受けたことで脂漏性皮膚炎になったことを知りました。

脂漏性皮膚炎の症状を抑える薬を処方されると共に生活環境の改善を指導されましたが、頭が蒸れる原因である帽子は仕事の都合上、常に被っている必要があったので当初はただ困るだけでした。しかし、脂漏性皮膚炎のためには、こまめに汗を拭き取るなどの手間をかけることが大切だと考え直し、わずかな休憩時間を利用して汗のふきとりや制汗剤の使用など、独自の工夫で脂漏性皮膚炎の症状を緩和させる努力を施したのも強く記憶に残っています。また、頭皮を傷つけないことも早期の脂漏性皮膚炎の症状緩和の条件だったので、強い痒みを感じても必死にこらえる日が続きました。病院での検査から数か月以上の後にようやく脂漏性皮膚炎の症状が治まりましたが、脂漏性皮膚炎は再発しやすい病気なので現在でも頭皮を常に清潔に保って蒸れないように努めています。